外壁塗装は何日かかるの?工事期間と塗装の流れを解説します!

2022年2月27日更新

家も汚れてきたし、そろそろ塗装をしようかな……

でも、工事はどれくらいかかるんだろう?

 

そう疑問に感じた方、いらっしゃいませんか。

家の塗装はだんだん古くなってきて塗り替えが必要になります。

 

いざ、工事をしようと思っても、どれくらいの日数がかかるかわからないと中々工事まで踏み切れませんよね。

そこで今回は外壁塗装工事にかかる日数と工事の流れについてを解説していきたいと思います!

 

【外壁塗装工事の流れはどんな感じ?】

足場の画像

 

塗装工事の期間をお伝えする前に、まずは工程の流れを見ていきましょう。

工事期間だけを押さえておいても塗装がどんな流れで進むか知っていないと、いったい今なんの作業をしているか把握することができなくなってしまいます。

 

職人さんがしている作業がわかっていると、どれくらい工事が進んでるかがわかり、あと何日くらいで工事が終わるかなと予測することができます。

それでは外壁塗装の流れを以下にまとめましたのでご覧ください。

 

1:足場設置(1日)

2:高圧洗浄~乾燥期間(2日~)

3:養生・下地処理・補修(1~3日)

4:下塗り(1日~)

5:中塗り(1日~)

6:上塗り(1日~)

7:最終確認(1日)

8:足場解体(1日)

9:お引き渡し(1日)

 

各工程の期間は目安ですが、上記の日数がかかります。

これである程度工事にかかる日数がわかってしまいますよね。

それでは以下に外壁塗装にかかる日数をお伝えします。

 

塗装工事の流れについてはこちらの「お問合せからの流れ」をご覧ください。

 

【ずばり塗装工事にかかる日数は10~14日】

カレンダーの画像

 

外壁塗装は前述した各工程の日数を合計すると最短でも10日ほどかかります。

しかし、ここで注意しておきたいところが。

 

この日数はすべての建物に当てはまるわけではありません。

平均的に見て10日ほど外壁塗装はかかるということで、建物によって工事期間は変わります。

工事期間が変わる要素は以下のことが挙げられます。

 

・建物の規模が大きい

・補修するところが多い

・劣化が進んでいて下地処理に時間がかかる

・下地の状態が悪く、通常回数よりも塗料を塗り重ねる必要がある

・塗装以外の工事がある

など

 

建物の規模や工事ボリュームもそこまで多くないとしても、劣化が進んでいると行わなければならない作業も増えます。

とくに外壁塗装は下地処理が重要です。

 

下地処理が甘くなると塗装の耐久性は落ちてしまいますので、日数がかかっても適切に行っておく必要があります。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧下さい。

 

また、塗装は通常だと下塗りが1回、上塗りが1回の流れで進みますが、下地の状態が悪いとさらに塗り重ねる必要があります。

 

下塗りは塗装と下地のクサビとなる塗膜を作るため、塗膜が薄くなるようであれば再度下塗りが必要です。

このように状態や建物の規模、工事ボリュームなどで工事日数は違ってきますので、工事期間は10~14日が目安と考えておきましょう。

 

【工事をもっと早く終わらせることはできる?】

時短の画像

 

え!外壁塗装は10~14日もかかるの?もっと早く終わらせることはできない?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、工事にかかる期間は最低でも10日以上はかかると思っていてください。(建物や工事の規模にもよりますが……)

 

もっと早く工事が終わってほしいと思われるのもわかりますが、それでも無理に工事期間を短縮すると塗装に不具合を起こしてしまう恐れがあります。

 

塗装は塗料を塗っていくだけで簡単な作業に見えるかもしれませんが、塗装をする前に行っておかなければならない作業がたくさんありますし、正しい工程で施工しないと塗装が膨れてしまったり、長持ちしなかったり、剥がれてしまったりなど施工不良を起こしてしまいます。

 

数十万円もかけて行った塗装が短い期間でダメになってしまったらショックですよね。

使用する塗料によりますが、塗装は10年ほどは保たせることができます。

それが数年、はたまた数ヶ月で剥がれてしまったら、余計な出費です。

 

ちゃんと長持ちする塗装に仕上げるには、しっかり下地処理を行い、塗装はちゃんと乾燥時間を確保して適量ずつ塗料を塗っていく必要があります。

 

これらの作業は必要な時間や日数があります。

塗装の乾燥時間はメーカーから細かく指定があるくらいですから、なんとなくで上塗りしてはいけません。

 

前述した日数よりも早く終わらせたいという気持ちはわかりますが、無理な短縮は塗装の品質を落とすため、最短でも10日は工事にかかるということを知っておきましょう。

 

【屋外工事は天気に左右されますのでご注意を!】

天気の画像

 

もう一つ工事日数で注意しておきたいことがあります。

それは天候でも工事期間は左右されるということです。

 

外壁塗装は屋外工事ですので、当然のことですが雨や雪が降っていたら作業ができませんので工事は中止になります。

 

また、気温や湿度でも作業ができないケースがあります。

以下の条件だと工事が中止になりますので、延期した分の日数はプラスかかると思っていた方がいいでしょう。

 

【工事が中止になる天候】

・雨が降っている

・雪が降っている

・強風が吹いている

・気温が5℃以下

・湿度が85%以上

 

【外壁塗装の際は工程表をかならずもらいましょう!】

チェックの画像

さて、ここまで外壁塗装工事にかかる日数について解説してきました。

外壁塗装は10~14日間はかかります。

 

塗装の乾燥時間や下地処理など、必要な時間と日数がどうしてもありますので、無理な日数の短縮は禁物です。

また、天候にも工事期間は左右されますので、工事を計画している方は余裕を持ったスケジュールで行うことをおすすめします。

 

工事の時は工程表が渡されます。

工程表は各工程にかかる日数が表記されていて、いつ着工し、いつ引き渡しになるか予定が書かれています。

 

天候などで遅延が出ることもありますが、工程表があればある程度の工事が終わる日を予測しやすいため、工事を行う際はかならず業者から工程表をもらっておくことをおすすめします。

 

工事についてわからないことや気になることがございましたらご相談にのりますので、お気軽にお問合せください。

 

お問い合わせはこちらから

 

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

   

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!      

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics