これから外壁塗装をお考えの方に!見積もりの見方を解説します!

2022年3月31日更新

塗装工事の見積もりに慣れているという方はそう多くはないのではないでしょうか?

 

「塗装工事を考えて見積もりを頼んだけれど専門用語があったりとなにが書いてあるのかわからないし、適切なプランなのか不安」

 

こういった声もよく聞きます。

見積もりには工事で行う内容や使用する材料、そしてとても大事な工事費用が書かれています。

 

これから塗装工事を考えている方は、見積もりに書かれていることをしっかり理解しておくことが大切です。

極端なことを言ってしまうと、見積もりに書かれていないことは工事に含まれていないということです。

 

工事をすると思っていたのが、実は見積もりに入ってなくて工事されていなかったというトラブルも起きてしまうかもしれませんので、トラブル回避のために事前によく見積もり内容をチェックしておくことが大切です。

 

それでは見積もりの注意しておきたいことや見積もりの内訳に書かれていることなどをお伝えしていきたいと思います!

 

【見積もりの内訳は細かく見ましょう】

見積もりのイメージ画像

 

前述したように見積もりに書かれていないことは工事がされない可能性があります。

たまに口頭でやりとりすることもありますが、もしそれでトラブルになってしまうと「言った、言わない」の問題になり、工事が長引いてしまうことも。

 

たとえ口約束だとしてもトラブル回避のために書面に残してもらうことが大切です。

見積もりの内訳は「こんな工事をしますよ」ということを書面に表したものです。

 

つまり見積もりに書かれていないことは計画に入っていないということですから、希望している工事をしてくれるのか契約前によく内容をチェックすることが大切です。

それでは見積もりにはどんなことが書かれているか、次に詳しくお伝えしていきます!

 

外壁塗装の相場価格も知っておくことが大切です。

相場についてはこちらの「外壁塗装の相場価格」をご覧ください。

 

【見積もりの内訳はどんなことが書かれている?】

 

見積もりに記載されているものは以下の項目です。

 

【見積もりに記載されている項目】

・塗装箇所(塗装や補修する場所)

・塗装工程(下地処理や下塗り、中塗り、上塗りなどの作業工程)

・使用材料(外壁や屋根の塗料、コーキングなど)

・施工面積

・施工箇所ごとの単価と合計金額

 

どれも大事な項目ですが、見逃してはいけないのが塗装する場所や使用材料です。

外壁塗装の場合は付帯部も塗装をします。

付帯部に含まれるのは破風板や軒天井、ガラリや霧除けなどの鉄部、他にも木部などがあります。

 

付帯部は建物によって違いますから、自分でも付帯部に含まれているところを把握し、ちゃんと見積もりに入っているかどうか確かめておくことが大切です。

 

また、使用する材料も重要です。

見積もりは外壁の塗料やコーキングなどのメーカー名や品名が書いてあります。

 

使用材料がわからないとどれくらいの性能を持っているのか、耐用年数がどれくらいなのかが分かりませんし、工事代金が適切なのかも判断できません。

 

塗料はウレタンやシリコン、フッ素など種類があり、グレードがあります。

当然ですがグレードが高いほどコストは高くなりますので、使用材料に対して適切な金額で提案されているか見極めることが大切です。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください!

 

【わからないことがあったら遠慮なく相談を!】

Q&Aの画像

 

塗装工事をする際は専門用語も出てきますので、なるべく事前に勉強しておくことも大事です。

しかし、すべてをカバーできるのは難しいかと思います。

 

打ち合わせの時は知らない用語やわからないことなどがでてきますから、そんな時は遠慮せずに質問していくことをおすすめします。

 

信頼できる業者はちゃんとわからないことや聞きたいことも親切に答えてくれるものです。

もし、そこで曖昧な答えしか返ってこない場合は、むしろその業者は要注意かもしれません。

 

わからないことを残したまま工事するのは、後悔してしまう可能性がありますので、ちゃんと納得いくまで打ち合わせを重ね、十分に理解できた上で工事を依頼することをお勧めします。

 

工事の質問についてはこちらの「よくあるご質問」でもお答えしております。

 

もちろん当社もご質問やご不明な点などがございましたらご相談にのりますので、お気軽にお声がけください!

当社についてはこちらの「当社の強み」をご覧ください。

 

【見積もりを作ってもらうなら建物診断を必ず実施しましょう!】

点検のイメージ画像

 

たまに建物を見ないで見積もりを出す業者もいますのでご注意ください。

適切な工事をご提供するには、まず建物の状態を見なければプランを立てることができません。

 

建物の劣化具合は一棟一棟違います。

塗装などのメンテナンスの目安は確かにありますが、使用されている材料や建物の規模、立地環境などで痛み具合も変わります。

 

ですから、建物を細かくチェックしてどんな工事が必要か検討する必要があるのです。

これから塗装工事をお考えの方は、かならず建物診断を行ってから見積もりをもらうことをおすすめします。

 

当社は建物診断を行った後にお客様に最適な工事プランをご提案しております。

ご予算やご要望などもお客様ひとりひとりに合わせて計画しておりますので、ぜひお家のメンテナンスの時は当社の無料診断をご実施ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

   

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!      

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics