外壁塗装は工事後も大切!定期点検のメリット

2022年4月30日更新

工事が終わったらそこで終わりと思っている方ちょっと待ってください!

実は工事が終わった後のこともとても重要なことがあるんです。

 

それがアフターフォローの定期点検です。

 

建物は風雨にさらされていますから塗装をした十数年後はまた再塗装が必要になります。

次の塗装の間に建物の状態は刻々と変化し、適切なタイミングでメンテナンスが必要になりますが、その微妙な変化に気づくのは中々難しいもの。

 

そこで工事後も安心して建物の維持管理をおまかせできるのが定期点検です。

LOHASはアフターフォローで定期点検を実施しております。

 

外壁塗装はお引き渡しをして終わりではなく、その後も長く建物を正常に維持できるように状態を見守っていくことが大切です。

 

今回は定期点検の重要性とメリットをお伝えしていきたいと思います!

 

【外壁塗装は工事が完了してもそこで終わりではありません!】

外壁塗装は工事後も大切!定期点検のメリット

 

外壁塗装は永続的なものではないということにまず注意しておきたいところです。

塗装の耐用年数は使用している塗料の種類によって違いますが、各塗料の平均的な耐用年数は以下になります。

 

【各塗料の耐用年数】

・アクリル塗料:5〜7年

・ウレタン塗料:7〜10年

・シリコン塗料:10〜15年

・フッ素塗料:15年〜

・ラジカル制御式塗料:13〜16年

・無機系塗料:15〜25年

・遮熱、断熱塗料:10〜12年

 

もっと塗料のことを知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

耐用年数の目安は上記になりますが、これはあくまでも目安となりますので建物形状や環境など諸条件によって劣化具合は変わってきます。

 

建物によっては目安とされている耐用年数よりも早くに劣化の症状が出ることもあります。

 

劣化症状がはっきりとわかるのならすぐにメンテナンスが必要だと気づくことができますが、できれば症状がそこまででないうちに対策しておくのが望ましいです。

 

しかし、劣化の微妙な変化に気づくのはなかなか難しいですし、屋根などの高い場所にあるところは目視では状態を確認できません。

 

そのまま痛んでいても気がつかないままになっている可能性もあります。

そこで建物の変化を早期に発見できるのが定期点検です。

 

定期的に訪問してプロのスタッフが建物の状態を見ますので、必要なメンテナンスや今後の工事スケジュールなど数年周期でアドバイスをもらえますので、工事後の建物の維持管理がしやすくなります。

 

塗装の耐久性は下地処理を念入りに行っていることも重要です。

下地処理の重要性についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

【定期点検のメリット】

外壁塗装は工事後も大切!定期点検のメリット

 

それでは定期点検のメリットをお伝えしていきます。

長く建物を使っていただくには痛んでいるのを放置せずに適切なタイミングでメンテナンスをすることです。

 

また、性能を維持するだけでなく建物の見栄えを保っていくことも大事ですから日頃から状態を見ておくことが大切です。

 

しかし、なかなか普段から建物の状態を細かく見るのは大変です。

定期点検はこういったところもカバーできます。

 

【劣化症状を早期に発見ができる】

建物の劣化は専門知識を持っていることで判断ができる症状もあります。

例えば外壁のクラックにはヘアークラックと構造クラックがあり、損傷の規模や深刻度が違います。

 

本格的に工事が必要になる場合もありますし、1〜2時間ほどで補修ができてしまうこともあります。

劣化が激しくでている場合はメンテナンスが必要とすぐに判断ができるかもしれませんが、それだけ建物が痛んでしまっているということです。

 

できるだけ建物の劣化が進む前にメンテナンスをすることが望ましく、建物の変化はなるべく早くに気がつけることが重要です。

 

工事後の定期点検があると建物の劣化も早期発見ができるため、工事規模も大きくなることはほとんどありません。

軽微な劣化で対処することでメンテナンスコストを抑えることにもつながります。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【建物の美観を長く保つことができる】

定期的に点検をすると気がつきにくい変化も対処ができるため、性能の維持の他に建物の美観も保つことができます。

 

建物が汚れていたり、塗装が色褪せていたりすると古い印象を与えてしまいますので、見栄えを保つこともとても大切です。

 

美観を保持することが建物の性能を守ることにもつながるという相関関係がありますので、定期点検があることでこういったつながりを損なうことがありません。

 

【今後のメンテナンスも安心できる】

建物は定期的にメンテナンスが必要になりますが、劣化の進行具合やトータルコストなどを前もって想定して計画を立てておくことが大切です。

 

塗装サイクルは塗料の耐用年数で判断ができ、15年保つ塗料の場合は15年周期に塗装をするスケジュールを立てることができます。

 

その間に必要なメンテナンスも含めておくと工事回数が増えずに効率良く工事ができ、メンテナンスコストを抑えることにもつながります。

 

定期点検があると今後のメンテナンスについてアドバイスをもらうことができますのでスケジュールも立てやすくなります。

 

屋根と外壁はセットで行うことでコストの節約になります。

詳しくはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

【LOHASは定期点検を実施しております!】

外壁塗装は工事後も大切!定期点検のメリット

 

LOHASは無料でアフタフォローを実施しております。

 

定期訪問は1年、3年、5年、7年、10年ごとに実施。

もちろんお家のことでなにかお困りのことがございましたらすぐにご対応させていただきます!

 

外壁や屋根の状態、シーリングの劣化具合、雨樋の中のゴミ詰まりなど建物全体を点検させていただきますので問題点も早期発見することができます。

 

定期点検があることで早く対応が可能となり、長く建物を維持することができますので、ぜひ外壁塗装などの工事をお考えの方は当社にご相談ください。

 

アフターフォローについてはこちらの「定期訪問サポート」をご覧ください。

 

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

   

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!      

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics