外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

2022年6月29日更新

みなさんは養生という言葉をご存知でしょうか?

あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、塗装工事では養生をするかしないかで工事の品質も大きく変わってきます。

 

養生が汚い現場は仕上がりも汚い、と言われるくらいですから、これから屋根塗装や外壁塗装をお考えの方は養生とはどんな作業なのかを知っておきましょう。

 

今回は養生とはどんな作業なのか、塗装にどれくらい影響するのか、養生をする場所、養生中にある注意しておきたいところなどを解説します。

 

【養生とは現場を傷や汚れから保護する作業のこと】

外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

養生とはブルーシートやマスカーなどの養生材を使って現場を傷や汚れから保護する作業のことです。

養生材には以下の種類があり、養生をする場所に合わせて適宜使い分けていきます。

 

【養生材】

・ブルーシート:主に通路

・マスキングテープ:養生材の固定、シーリング打設用など

・マスカー:窓などの開口部の養生

・ノンスリップシート:通路(人がよく通る場所)

・カーカバー(車の保護用)

・室外機カバー(エアコン室外機の保護用)

 

外壁塗装や屋根塗装は比較的にゴミが出にくく汚れにくい工事ですが、古くなった塗装のカスやホコリ、塗料などが飛散するため養生をしておかないと建物を汚してしまいます。

 

塗装仕立てのところや特殊なコーティングが施されているところに塗料がついてしまうと色々と不具合を起こす可能性があるため、傷や汚れがつかないように事前に養生をしておくことが大切です。

 

【養生は塗装の品質にどれくらい影響する?】

外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

養生がどれくらい塗装の品質に影響が出るのかというと「養生が汚い現場は工事の品質も汚い」と言われるくらいですから、ちゃんと養生をしていないところでは品質も期待できないでしょう。

 

また、どんなに仕上がりが良くてもまわりが汚いとあまりいい気分ではないかと思います。

お引き渡しするときは完璧な状態でお渡しすることが当然で、傷や汚れがついていてはいけません。

 

養生をすることで不要な汚れや傷がつくことを防ぐことができますし、手直しや清掃の手間も軽減することができます。

 

建物に使う塗料は硬化するため布で簡単に拭き取るということはできません。

塗料を拭き取るにはうすめ液などで塗料を溶かして拭き取る必要があります。

 

そのため、せっかく塗装をしたところまで拭き取ってしまいかねませんので、仕上がりにも影響してきます。

完璧な仕上がりをお客様にお引き渡しするには養生が欠かせないということです。

 

外壁塗装の仕上がりは下地処理も重要です。

詳しくはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

【養生をする場所】

外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

養生の大切さをお伝えしたところで、次は養生をする場所です。

以下に養生をする場所を記載しましたのでご覧ください。

 

【養生をする場所】

・窓や玄関などの開口部

・エアコン室外機

・給湯器

・通路

・ポストや表札などの付帯物

・車

・植栽

など

 

養生期間は基本的に工事開始から足場撤去まで続きます。

具体的なことは後述しますが、窓や給湯器の養生中はご不便なこともありますのでご注意ください。

 

通路でも人の出入りがある玄関は、滑り防止のノンスリップシートを敷きます。

足場にも飛散防止用のメッシュシートを取り付けます。

 

ケレンなどの下地処理時にホコリや古くなった塗装のカス、高圧洗浄時の洗浄水などが飛散し、ご近隣の方にご迷惑をかけてしまいますので、トラブルに発展しないように足場にはメッシュシートを取り付けて飛散防止しておきましょう。

 

LOHASはご近隣の方に配慮して工事前に近隣挨拶を実施しております。(もしご不要な場合はお申し付けください)

お問い合わせからお引き渡しまでの流れについてはこちらの「お問い合わせからの流れ」をご覧ください。

 

【養生中に不便を感じるところ】

外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

養生する場所によっては不便を感じてしまう場面もあります。

以下のケースがそうですので、事前に確認しておきましょう。

 

【養生していると窓を開閉できない】

窓を開けて換気を取りたいという場面があるかもしれませんが、養生中は窓を開けることができませんのでご注意ください。

 

また、塗装中は窓を開けるのはなるべく控えていただくことをおすすめしています。

と言いますのも、窓を開けていると塗料の臭いが部屋中に充満してしまうからです。

 

溶剤系塗料を使う場合はシンナーの刺激臭を発しますので、臭いを嗅ぎ続けてしまうと気分を悪くしてしまいます。

臭いの少ない水性系塗料でも独特の塗料の臭いがありますので、なるべく塗装作業中は窓を開けないことです。

 

どうしても窓を開けたいという場合は作業している反対側の窓を開けるなど、できるだけ臭いが届かない場所の窓を開けるようにしましょう。

 

【養生中の給湯器はお湯が使えない】

養生のことで注意しておきたいのが給湯器です。

給湯器内部にホコリが入ると故障の原因になりますので、作業をするときは機器本体をカバーで覆って養生をしますが、養生されている状態で給湯器を使うのは非常に危険です。

 

熱がこもり故障や一酸化炭素中毒を起こす恐れがあります。

もし、給湯器を使いたい場合はかならず作業している職人に声をかけてからお使いください。

 

工事のよくあるご質問についてはこちらの「よくあるご質問」でお答えしておりますので、ぜひこちらもご参考ください。

 

【美しく塗装を仕上げるには養生は欠かせません!】

外壁塗装・屋根塗装で重要な養生とは?養生の場所や注意点を解説します!

ここまで養生についてお伝えしてきました。

養生は塗装を美しく仕上げるのに欠かせない作業です。

 

塗装工事は人の手で作業し、完成までにある程度の期間を要します。

その間に傷や汚れから守るには丁寧に養生していることが不可欠です。

 

養生をしないで工事を進めてしまうとたくさん傷をつけたり、汚れがついたりと清掃や手直しの手間が増え、仕上がりも当然良くありません。

 

品質の高い工事をご提供するにはしっかり養生されていることが大切です。

これから塗装工事をお考えの方は、ぜひ養生の大切さも押さえておいてください。

 

LOHASは無料で建物診断を実施しております。

詳しくはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

 

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

   

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!      

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics