外壁塗装は本当に必要?建物を維持していくために知っておきたいこと

2021年11月30日更新

施工後の画像

 

塗装は外観だけ・・・

そう思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん塗装は建物の美観を保っていくために必要なことです。

 

しかし、塗装をする必要性は美観だけではありません。

塗装は見た目だけでは?

高いお金を払ってまで塗装をする必要はないのでは?

このような疑問をお持ちの方は、ぜひここで解説する外壁塗装の必要性をご覧になってください。

 

【外壁塗装をしないデメリット】

施工前の画像

 

まず、外壁塗装をしないデメリットを見ていきましょう。

 

長い期間、外壁を塗装しないとどうなるのか以下に書きましたのでご覧ください。

 

・外壁材が痛んでしまう

・雨漏りを起こしてしまう

・劣化が進み塗装以外の工事が必要になる

・資産価値が下がる

 

塗装は建物の美観を保持する他に防水性を保つ役割もあります。

このため塗装が劣化すると外壁材の劣化が早まり、防水シートまで痛み出してしまうとやがて雨漏りを起こしてしまいます。

 

損傷が大きくなるほど修理する範囲が広くなるため、塗装以外の工事が必要になってきます。

そして工事規模が大きくなればその分の費用が掛かりますので、メンテナンスコストも増えてしまうでしょう。

また、アパートやマンションの場合は建物の損傷や劣化の具合により資産価値が下がってしまいます。

 

価値を下げないためにも建物は良好な状態で維持していく必要があり、その建物を守っていくには定期的に塗装する必要があります。

 

【塗装をしないとメンテナンスコストが高くなる理由】

電卓の画像

 

塗装が劣化して建物が傷んでしまうと、塗装以外の工事が必要になることを前述しました。

外壁材は塗装で防水性が保たれていますので、劣化すると水を吸ってしまい劣化を早めます。

 

外壁材の損傷が大きくなれば塗装だけでは修復できなくなる恐れがあり、外壁材を新しくしなければいけないくなるケースもあります。

 

外壁材を新しくする場合、サイディングの張り替えやカバー工法を行うとなると100~300万円の費用が掛かることになります。

 

塗装と比べると費用も工事期間もまったく違いますので、築年数がまだそこまで経っていない建物の場合は、メンテナンスコストが割高になり、経済的な負担も大きくなってしまうでしょう。

 

外壁材を新しくする場合は、防水シートの劣化も考慮する必要があり、メンテナンスを行う時期の目安は20年ほど経ってからです。

 

10数年で外壁材を新しくするのは通常のメンテナンス周期よりも早いです。

外壁材が劣化しないように定期的に塗装をしておけばメンテナンスコストを抑えることにつながります。

 

【塗装が必要な外壁材と塗装が必要ない外壁材】

外壁塗装の画像

 

外壁材はいろいろな種類があり、塗装が必要なものと、必要でないものがあります。

現在のほとんどの住宅は窯業系サイディングやモルタル外壁で施工されており、定期的に塗装が必要です。

以下に塗装が必要な外壁材と塗装が必要ない外壁材を書きましたのでご覧ください。

 

【塗装が必要な外壁材】

・窯業系サイディング

・金属系サイディング

・木質系サイディング

・モルタル

・ALC

・羽目板(木材)

 

サイディングは意匠性の高い柄が施されていますので、柄を活かしたクリア塗装で仕上げる方も多くいらっしゃいます。

 

窯業系サイディングの塗装で注意しておきたいところは、光触媒や無機塗装が施されているサイディングだと塗装が付着しにくく施工ができないものがあることです。

 

実際に外壁材を確認して判断する必要がありますので、該当する方は一度塗装業者に見てもらって塗装ができるか相談することをお勧めします。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

【塗装が必要ない外壁材】

・タイル

・レンガ

 

タイル用のコーティング剤が販売されていますが、基本的にタイルは耐久性が高く、傷もつきにくいため塗装をする必要はありません。

 

しかし、塗装の必要はなくても、メンテナンスしなくてもいいというわけではありませんのでご注意ください。

タイルやレンガは材を接着して施工されていますので、経年劣化で接着不良などの症状が出てきます。

タイルだと剥がれて落下する危険があるため、定期的にタイルが浮いていないか点検しておくことをお勧めします。

 

【外壁塗装が必要な理由】

施工後の画像

 

ここまで外壁塗装をしないデメリットと塗装が必要な外壁材についてお伝えしました。

それでは外壁塗装が必要な理由を次にお伝えしていきたいと思います。

 

以下に外壁塗装が必要な理由を書きましたのでご覧ください。

 

・建物を守るため

・美観を保つため

・メンテナンスコストを抑えるため

 

【建物を守るため】

塗装は防水性がありますので、外壁を水から守ることができます。

モルタルや窯業系サイディングはセメントが原料となっているため吸水性があり、塗装をしておかないと、どんどん水を吸ってしまいます。

 

水を吸う量が多くなれば外壁材は脆くなっていきますので、クラックや剥落を起こす可能性も出てきます。

塗装が古いままだと建物全体の劣化を早めることになり、維持できなくなってしまうため、建物を長く守っていくために塗装が必要です。

 

【美観を保つため】

外壁塗装に使う塗料は顔料が含まれているため、外壁や屋根、付帯部に着色することができます。

塗装が古くなると色褪せてツヤがなくなっていくため、建物が古く見えてしまいます。

塗装をすることで光沢感と色のメリハリがはっきりしますので、建物の美観性を保持していくためにも塗装が必要です。

 

【メンテナンスコストを抑えるため】

塗装をしないデメリットでもお伝えしましたが、塗装が劣化していると建物の劣化が早まるため、余分な修繕工事が必要になってくる可能性があります。

 

雨漏りは工事規模が大きくなりやすく、外壁や屋根を解体しなければ直せないケースもあります。

また、水が壁内に浸透すれば木材を濡らし、腐食を起こす恐れがあり、シロアリを寄せ付ける要因にもなります。

 

シロアリは柱や土台などの構造体を食べてしまいますので、被害を受けてしまうと修理が大掛かりになり大変です。

損傷やシロアリ被害を受けないことが望ましいので、なるべく痛みが出る前に塗装をしておけば将来的に必要になるメンテナンスコストの節約につながります。

 

【塗装をご検討している方は建物診断の実施がおすすめ】

外壁塗装の画像

 

外壁塗装を行う時期はすでに塗装をされている塗料や外壁材の種類によって違いますが、一般的に10年ほどが塗装を検討する目安になります。

 

年数の経過の他に塗装が必要なサインは劣化症状があります。

ある程度年数が経ってくると塗装はいろいろな劣化症状が出てきますので、以下の劣化症状が出ていましたら塗装をご検討ください。

 

【劣化症状】

・チョーキング

・汚れや苔やカビの付着

・塗装の浮きや膨れ、剥がれ

・塗装の色褪せ

・シーリングの劣化

・クラック

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」もご参考にしてください。

 

劣化の具合や塗装のタイミングは、見ただけでは判断できないこともあります。

大切なことは普段から建物の状態を把握しておくことです。

 

建物の状態はプロによる点検を実施することがお勧めですので、塗装をご検討している方は、まず塗装業者による建物診断を実施ください。

 

当社も無料で建物診断を行っております。

なにか不明点や気になることがありましたら、なんでも構いませんので、遠慮なくお申し付けください。

 

当社へのお問い合わせはこちらから

 

外壁塗装はこれからも長く住んでいくお家を守るために必要なメンテナンスです。

もし劣化症状や年数が経っている場合は、そのままにせず塗装をして建物を保護しましょう!

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

 

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

   

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!      

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics