付帯部とは?外壁塗装と一緒におすすめする理由

投稿日:2024年1月31日

建物にはたくさんの部材があるのはご存知ですよね?

塗装は建物を維持していくために必要ですが、屋根や外壁だけに塗装していても建物そのものの改善につながりません。

屋根や外壁以外の部材もちゃんと塗装しないと大切な建物を守ることができないということをぜひ押さえておいてください。

塗装工事では、屋根や外壁以外の部材を「付帯部」と呼んでいます。

外壁塗装工事では「付帯部」の塗装も一緒に行われますから、これから塗装をお考えの方は、ぜひここでご紹介するポイントを押さえてくださいね!

【付帯部とは?】

付帯部とは?外壁塗装と一緒におすすめする理由

それでは「付帯部」とはなんでしょうか?

簡単に言ってしまうと屋根や外壁以外の部材のことを付帯部と呼んでいます。

通常、見積もりでは、外壁や屋根とは別に付帯部の項目があります。

そこには、雨樋や軒天井、破風板などの様々な部材が記載されているはずです。

建物にはいろいろな部材が設けられており、それらも定期的に塗装などのメンテナンスが必要です。

付帯部という響きから、なんとなく軽い印象を持ってしまうかもしれませんが、付帯部もちゃんとメンテナンスをしないと建物の老朽化を早める原因となってしまうので注意してください。

【付帯部も塗装しないとダメ?】

付帯部とは?外壁塗装と一緒におすすめする理由

外壁塗装の相場価格は51〜120万円ほどと結構いいお値段がしますよね。

多くのお金が発生しますから、できるだけ費用を抑えたいと考えている方も多くいらっしゃるはずです。

工事費を抑えることで、真っ先に思い浮かぶのは塗装する箇所を減らすこと。

ひとまず外壁だけ塗装しておいて、付帯部は次の機会にしよう、という考えもあるかもしれません。

 

外壁塗装の相場価格についてはこちらから

 

しかし、付帯部を後回しにしてしまうのはおすすめしません。

なぜ付帯部を後回しにしてはいけないか、その理由をお伝えいたしますね。

【劣化の進行具合がずれる】

付帯部を後回しにするということは、劣化した状態をそのままにするということです。

外壁が改善されても付帯部はどんどん傷んでいくため、劣化の進行具合は外壁とどんどんずれてきてしまうでしょう。

そうなると塗装するスケジュールが中途半端な周期になってしまいます。

外壁塗装をした数年後に付帯部を塗装することになり、その数年後は、また外壁を塗装する時期にくるというサイクル。

劣化の進行がずれているわけですから、外壁を塗装する時期になっても付帯部は数年前に塗装したため、まだ塗装時期ではありません。

まだ塗装時期ではないとしても外壁の劣化は止まらないため、塗装時期を引き延ばすにも限度があるでしょう。

どうせならまとめて塗装してしまった方がいいのですが、塗装するにはまだ早いということがネックで中々踏ん切りがつかない思いを抱きやすいかもしれません

 

外壁塗装の必要性についてはこちらの「外壁塗装は本当に必要?建物を維持していくために知っておきたいこと」をご覧ください。

 

【工事費が割高になる】

塗装時期の問題もそうですが、工事費も気をつけなければなりません。

外壁塗装では安全に作業できるように足場を必ず設置します。

それは付帯部も例外ではありません。

付帯部に含まれる雨樋や軒天井、破風板などは高いところにある部材ですから、塗装するには足場が必要です。

外壁と付帯部を別々に塗装すると2回足場を設置することになり、足場代が余計に掛かってしまいます

足場は一度設置してしまえばそれ以上費用が上がることはありませんので、なるべく工事をまとめて足場を有効活用することが望ましいです。

一度に工事を済ませておけば、足場を何度も設置しなくてもよくなりますので、工事費を抑えるのなら高所作業を伴う工事は一緒に行っておくのが理想です。

 

足場代の節約についてはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

【付帯部に含まれる部材】

付帯部とは?外壁塗装と一緒におすすめする理由

付帯部はどんな部材があるかご紹介いたします。

 

【付帯部に含まれる部材】

・雨樋

・軒天井

・破風板

・シャッター

・雨戸、戸袋

・フェンス

・門扉

・笠木

・玄関

・水切り

・ウッドデッキ、濡れ縁

・ポスト

など

 

付帯部は建物によって設けられているものが違います。

業者によっても付帯部に含む場合と含まない場合があります。

「当然塗装するだろう、と思っていたら工事に含まれていなかった」ということもよくあることなので、工事を行うときは、必ず見積もりでどこを塗装するのかご自身でも細かくご確認ください

 

見積もりについてはこちらの「これから外壁塗装をお考えの方に!見積もりの見方を解説します!」をご覧ください。

 

【LOHASは工事について分かりやすく真摯にご説明いたします!】

付帯部とは?外壁塗装と一緒におすすめする理由

外壁塗装を行う際は、付帯部も忘れずに塗装することをおすすめします。

別々に塗装してしまうと工事費が割高になり、今後の塗装時期も合わせづらくなります。

また、付帯部は建物によって異なり、工事に含まれていない部材もあるかもしれません。

塗装されていないところがないように、見積もりをよく確認することが大切です。

LOHASはお客様か安心して工事をまかせていただけるように、どこを塗装するのか、どんな工事をするのかなど工事について分かりやすくお伝えさせていただきます。

もし、分からないことや気になることなどがございましたら真摯にご対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

無料診断も実施しておりますので、これから塗装工事をお考えの方はお気軽にご相談ください!

 

無料診断はこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

長野県全域(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市他)で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

長野県の外壁塗装・屋根塗装専門店(株)LOHAS


長野県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社LOHAS
https://reform-paint.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

 

塩尻事務所
住所:長野県塩尻市大門泉町5−5−1

お問い合わせ窓口:0120-720-054
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県塩尻市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-paint.com/case/
お客様の声 https://reform-paint.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-paint.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-paint.com/contact/


長野県のお客様の声

外壁塗装・屋根工事の施工事例

長野県の地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格

  • 山梨県知事 塗装工事業

    山梨県知事 塗装工事業
    般-30 第10262号

  • 一級塗装技能士

    一級塗装技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 一級技能士

    一級技能士
    第07-1-060-19-0021

  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了証

    有機溶剤作業主任者
    技能講習修了証

職人教育にも力を入れています!

その他保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

お住まいの屋根・外壁0円診断実施中!